看護師求人サイト口コミによる比較ランキング

看護師の給料事情と満足度

看護師の給料は高い?

看護師が転職を希望する大きな動機の一つにやはり「給料」の問題であるようです。

では、看護師の給料はどれくらいなのでしょうか。
看護師の給料は、看護師の就業先によって色々です。
しかし、一般的に言って、その初任給は同年代のサラリーマン(OL)よりも良い場合が多いようです。


初任給の平均は、約25万円前後(税込)です。
近年では民間の病院よりも国立(公立)病院のほうが給料が良いようです。
また、福利厚生などの待遇面でも優れていることが多いようです。看護大学卒の看護師のほうが約1〜3万程基本給が高いようです。
 

全国の看護師の平均給与は、新卒の20〜23歳で約28万くらいなので、一般企業で働くサラリーマンと比べても、給与水準は高いと言えます。
それではなぜ、給料の問題で転職を考える方が多いのでしょうか。
やはり看護師の仕事はハードですから、もっと給料が多くてもいいのではないかと思うわけです。
実際、月収が多くないと割が合わないと思う方もいるでしょう。
 

看護師が給料に満足できない理由

確かに看護師の給料は、一般的なOLよりも高いかもしれません。
それでも、看護師の仕事はハードです。それに、夜勤などがあって、毎週土日に休めるわけでもありません。

その仕事内容などを考えると、看護師の給料は、高いとは言えないかもしれません。
実際現在看護師として働いている方の過半数は、給料に対して満足してはいないそうです。
 

看護師の給料に大きく影響するのは、夜勤勤務です。
16時間ほどの長時間勤務になるときもあります。
もちろん勤務途中に仮眠を取れる勤務形態ではありますが、緊急なことがあれば、起きて行かなければなりません。
頻繁にナースコールで起こされます。国の指針としては、夜勤は月8回までとされていますが、現実はこれを超える場合が多いようです。

 
看護師の仕事にはこの夜勤を避けて通ることはできません。
その夜勤手当の平均は、準夜勤で平均3,500円、深夜勤で平均4,600円くらい付きます。

これは、決して十分な金額とは言えないでしょう。
つまり、看護師の勤務形態から考えると、決して高い給料であるとは言えないのです。
 

 

PageTop

看護師求人サイトランキング

看護師の給料とワーク&ライフ

"勤務形態"ごとの職場選び

"雇用形態"ごとの転職活動

看護師として転職する

看護師お役立ち情報

看護師の求人情報を探す

看護師求人サイト

当サイトについて