「短期や単発でシゴトしたい!」という看護師のためのバイト・パート情報

看護師求人サイト口コミによる比較ランキング
アルバイト・パートとして働くとは?

看護師で短期・単発で働くためのバイト・パート情報

アルバイト・パートとして働く場合

アルバイトやパートで看護師として働きたい、
と言うような人の多くは、以前看護師として働いていたが、結婚して子供が出来たので一旦専業主婦になり辞める。

その後、子供がある程度手が離れてきたので、再度看護師として働きたいのだけどブランクがあるので

 まずはアルバイトで短期の看護師としての仕事を探す人が多くいます。

現在の日本では医療従事者の不足が深刻であり、アルバイトであれば、直ぐにでも見つかります。

アルバイトのいいところは、まず、交代がないと言うことです。

朝9:00〜16:00に働くと契約した場合、よほどのことがない限り勤務時間が変わることはありません。

 その点は、普通の他のアルバイトと変わりはなく、子供いるような人には働き易いです。
収入面では、正規看護師よりは少ないので其の点は理解してから働く必要があります。
アルバイトですと、大手病院だけでなく、個人のクリニックなどでもいろいろと募集していますので、勤務先を見つけるのに苦労することはありません。

 

看護師のアルバイト・パートを探すには

アルバイトやパートで働くにしても、仕事は変わりません。
公立病院や総合病院で働いたほうが、働き甲斐があります。

その上、その後正規看護師として働きたいとなればなおさら、個人病院ではたらくより、大きな病院で働くほうが有利になります。

アルバイトやパートのままで働きたいと考えているのであれば、個人病院を探すのも問題はありません。

ほかにも、デイサービスなど介護施設でも募集をしていますので、就職先には苦労しません。

介護施設などは、看護以外で重労働がある場合がありますので、給料の割には仕事がきついということもありますので、注意が必要です。

メリットは先のもお話しましたが、勤務時間が選べると言うことですが、デメリットもあります。

アルバイトがいいことだらけではないということを考えておいてください。仕事の内容です。重要な仕事を任されることはまずないと考えておいてください。

単純な作業の仕事が多いので、仕事にやりがいを求めている人には、つらく長続きしません。

 

PageTop

看護師求人サイトランキング

看護師の給料とワーク&ライフ

"勤務形態"ごとの職場選び

"雇用形態"ごとの転職活動

看護師として転職する

看護師お役立ち情報

看護師の求人情報を探す

看護師求人サイト

当サイトについて