男性看護師のシゴトの実情と、病院側からみる男性看護師の期待の高まりについて。

看護師求人サイト口コミによる比較ランキング

男性の看護師の転職って実は簡単?

男性看護師の実情

 一昔前までは男性看護師といえば精神科勤務が主でしたが、最近では男性看護師の需要も高まっています。
しかし、看護師と聞くと女性を思い浮かべる方がほとんどでしょう。実際に平成22年では女性看護師92%に対し男性看護師はたった8%しかいません。

 この割合は給与にも影響しています。平成22年のデータでは、女性看護師の平均年収470万円に対し、男性看護師の給与は462万円と女性を下回っています。

 男性看護師が女性看護師よりも年収が低い理由としては絶対数が少ないので看護部長などの役職につく人数も少ない事が考えられます。

 また、大規模病院の方が小規模病院よりも年収が高く、結婚や出産で一度職場を離れた女性が再就職する際に福利厚生が充実している大規模病院を選択する場合が多く、その為女性看護師の年収が上がる一方、同じ職場で働き続ける男性看護師の年収は女性ほど上がらない事も理由の一つです。

(平均年収データは「年収ラボ」を参考にしました)

 

男性看護師の転職

 男性看護師の方の多くは
「女性が多い職場で男性が必要とされるのか?」
「年齢を重ねる毎に夜勤などが辛くなり、体力的に大丈夫か?」
「女性と同じ仕事をして、女性と同じくらいの給料で家族を養っていけるのか?」
などの悩みを抱えています。

 しかし、求人を募集している病院側は、
「患者様の体位を変える場合などの重労働は男性看護師の方が心強い」
「将来的には看護師をまとめられる管理職として活躍してもらいたい」
「結婚や出産、または離婚での退職者は少ないので継続的にキャリアアップを求められる」
など、男性看護師に対する期待は高まっています。

 ハードな看護師の仕事ですが、女性にはかなりハードでも男性だからこそよりよくこなせるという事もあります。

その体力をより生かせる科目や医療機関では男性看護師もより歓迎される事でしょう。

 無料の看護師求人サイトでは各々の医療機関に詳しいコンサルタントが親身に相談に乗ってくれます。

紙面だけではわからない情報を教えてもらい、あなたの条件に合ったよりよい環境に転職する事も可能なのです。

 

PageTop

看護師求人サイトランキング

看護師の給料とワーク&ライフ

"勤務形態"ごとの職場選び

"雇用形態"ごとの転職活動

看護師として転職する

看護師お役立ち情報

看護師の求人情報を探す

看護師求人サイト

当サイトについて