看護師求人サイト口コミによる比較ランキング

面接で好印象を与えるために

面接対策をしておく

これまでも面接を受けた経験があることでしょう。

そのとき,面接官はあなたに対してどのような印象をもったでしょうか。

夢中だったからわからないかもしれませんね。あまり自分自身を作りこんでしまうのではなく,ありのままの自分を出して良いのです。それでも,一般的なマナーに欠けた受け答えをするのは別問題です。どのような職種でもそうですが,面接官に与える印象は重要です。面接の対策をしっかりと行って,あなたの魅力を最大限に伝えましょう。

 

面接官は就職を希望する方の看護観を知りたいと思います。ですからよくある質問としては,「なぜ看護師を目指したのですか?」とか「どのような看護師を目指していますか?」というような質問です。あなたらしく,しかも,きちんと答えられるように,自身の考えを整理しておきましょう。



面接官は転職を考えている看護師に対しては,即戦力を期待しています。そこで考えられる質問として,どの看護技術をどれくらいもっているか,これまでの経験やスキルについて質問が集中するかもしれません。こうした点も整理しておき,自分をアピールしましょう。

面接での注意点

面接の流れ

 

面接を受けた動機や退職理由

面接官からは,面接を受けた理由や動機を聞かれるでしょう。これは採用する方としては当然の質問です。あらかじめ,その病院のホームページやパンフレットから情報を収集しておきましょう。その病院の施設規模,診療科目,特色などについても,つかんでおきましょう。その上でその病院のどのような面に魅力を感じたのか。この職場のどういうところが自分に合っていると感じたのかなどについて,自分の言葉で話せるようにしておきましょう。

 

人材紹介会社や知人から紹介されたかもしれませんが,その場合でも,それだけが理由であるというニュアンスに聞こえないようにしましょう。あくまでもあなた自身の意思で選んだことを前面に出して,この病院を選んだ理由を明確に答えられるようにしておきましょう。



面接官からは前の職場の退職理由を問われることがあります。育児,介護,療養などの理由であれば,そのまま正直に話しても大丈夫です。しかし退職理由が,もし人間関係だったり,残業が多すぎる,給料が低かったなどであるなら,上手に表現しなけれならないでしょう。

 

 

PageTop

看護師求人サイトランキング

看護師の給料とワーク&ライフ

"勤務形態"ごとの職場選び

"雇用形態"ごとの転職活動

看護師として転職する

看護師お役立ち情報

看護師の求人情報を探す

看護師求人サイト

当サイトについて